記録シリーズ:Slintから辿るルイヴィルのポストロック

f:id:babylon5000:20210506121702j:plain
Slint、ケンタッキー州ルイヴィルのバンドにしてポストロック〜マスロックの元祖やスロウコア、ハードコア由来の音楽ジャンルに多大な影響を及ぼしたバンドです。ルイヴィル周辺のポストハードコアが僕は一番好きなのですが、その中心となるアルバムが2ndのSpiderlandであり、ついこの前30周年ということで海外のインタビューがちょっと話題になり読んでみたところ個人的に熱が再燃。

その流れで海外メディアのインタビュー記事を漁っていたら色々新しい情報もあったのでSlintやメンバーのその後、周辺シーンについて各アルバム自分の感想を書いておこうと思います。

 


 

Slint - Tweez(1989)

TWEEZ (LP)/SLINT/スリント/ポスト・ロック始祖1stアルバム|ROCK / POPS /  INDIE|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

アルビニ録音。Spiderlandとは大分毛色が違うアルバムで、89年ということでポストハードコア前夜感が強いですね。FugaziShellacと同じく既存のハードコアサウンドからの脱却を図ったようにも感じますし、変則的なリフが入り乱れ、1曲1曲は短いんですが何度も展開していくところはちょってマスロックっぽいかも。MiniutemenやThis Heatと言ったポストパンクからの流れでも聞けそうですがとにかくノイジーですね。

ちなみにベーシストだったイーサン・バックラーは今作で脱退。彼が作曲の主体となっていたらしく2ndと毛色が違うのは彼の影響が大きかったのでしょう。

 

Slint - Spiderland(1991)

Slint - Spiderland - LP – Rough Trade

2nd。スロウコアとも言えるじわじわとした演奏にスポークンワーズなボーカルを乗せ、不安定なのか規則的なのかが曖昧な揺れるギターをタイトなドラムが繋ぎとめループしていきます。このフレーズの塊を繰り返しながらギターをバーストさせ轟音で飲み込んでいく、という手法は同じくルイヴィルのポストロックRodanやJune of 44にも繋がる方法で、Mogwaiなどの極端な静→道の展開を見せカタルシスを得るポストロックのルーツとなるんですが、手法自体は継承されてもフォロワーと呼ばれるバンド達からは感じることができない陰鬱さや張り詰めた緊張感はやはり凄まじいです。当時20歳なるかならないかの少年達がそれぞれの感性で作り上げたオリジネイターとしての"生の音"としての貫禄がありますね。

発売時には既に解散、リリース時もインタビューなどのメディアでの露出を避けていたようで、90年代は本当に未発見のオーパーツとも言える作品だったようです。今でこそ伝説として語り継がれていますが、これは実際にMogwaiがヒットを飛ばしたからこそ彼らがルーツとして名前を挙げたからのようで、このハードコアともポストロックともとれない音のアンダーグラウンドで蠢いてる感じは当時発見されたときはすごかっただろうなと…。しかもメンバーのデヴィッド・パホはSlint解散後のジョン・マッケンタイア率いるTortoiseに合流するので、まさしくポストロックブームの大元とも言えます。

 

Slint - Slint(1994)

Amazon.co.jp: Slint: 音楽

解散後の94年リリース、未発表曲ですが録音は89年ということでTweez~Spiderlandを繋ぐシングルで、Tweezのジャンクな変則ポストハードコア~Spiderlandのポストロックへと至る中間という感じで、緊張感溢れるインストマスロックとも言える「Glenn」「Rhoda」の2曲入り。Spiderland程スロウではなく淡々と闇に潜っていくようなループからギターが炸裂していきます。

元々「Nosferatu Man」「Washer」等Spiderlandの名曲群もインストとして作ったデモ版がデラックスエディションにあるんですが、Slintがマスロックの元祖として評価されるのがこの辺聞いてるとわかる気がしますね。

 
Rodan / June of 44 / Shipping News

f:id:babylon5000:20210323165540p:plain f:id:babylon5000:20210323171547p:plain f:id:babylon5000:20210323180312p:plain

ルイヴィルのポストハードコアという観点で語るのなら絶対に外すことのできない重要バンド、それがRodanで1st発売時は1994年とSlintからちょっと経ちますが、メンバーも同郷ということでSlint解散後もRodanのメンバーとバンドを組んだり幾度となく交流があります。

RodanはSpiderlandで定義した"遅いハードコア"とも言えるスロウコアと溶け合ったあの音楽性を更に独自解釈で拡大、後のポストロックに大きな影響を及ぼします。そしてRodanのメンバーが解散後に組んだJune of 44やRachel’sにShipping News、同じくメンバーであり後にSSWとなるTara Jane O'Neilと彼女のバンドであるThe Sonora Pine、Retsin、全てがルイヴィルを中心に派生していきます。この辺のメンバーの変遷や音楽性を辿るのが非常に面白く、僕がこの辺のジャンルを好きになったきっかけでもあり別記事を書いてますのでよろしければ。

 

The For Carnation - The For Carnation(2000)

The For Carnation

そしてThe For Carnation、スロウコアとして有名ですがSlintのフロントマンであったブライアン・マクマハンが解散後に組んだバンドで唯一のフルアルバム。Spiderlandの路線を更にそぎ落とし、深く沈み込むような陰鬱な世界観を推し進め、ダブっぽい要素も取り入れよりリズム重視にループしていきます。しかし時折挿入される最小限のギターフレーズや囁くようなボーカルを聞いてるとこの静寂っぷりはやっぱりマクマハンだな~と思うわけですが、Spiderlandで彼が何をしたかったのかがぼんやり見えてくるような気もしてきます。

 

The For Carnation - Promised Works

Amazon Music - The For CarnationのPromised Works - Amazon.co.jp

アルバムではなく間で出した初期EPをまとめたコンピレーションなのですが、個人的に大好きな一枚。スロウコアというよりもう弾き語りの曲もあるんですが、ギターの音も最小限でありマクマハンのボーカルもいつものごとく消え入ってしまいそうな繊細なもの・・・なんですが、「On The Swing」では歌心に溢れててすごく風通しがいいんですよ。SlintからThe For Carnationのキャリアの中でこんなにラフでポップな歌を聞かせたのはここくらいじゃないでしょうが。A面は他の曲もインディーロックとして聞けそうな心地良さがあります。

Spiderlandを作ったとき、彼らはフォークやカントリーと言ったアメリカのルーツミュージック的なSSWをよく聞いていたとインタビューで見ましたが、そういう色が濃く出てるのかもしれません。そもそもSlint解散後にあのSpiderlandの水没したジャケットを撮影したウィル・オーダムも元々はそういったSSWで、サポートメンバーとして参加してたこともあるんですよね。色々繋がってくる・・・。

そして「I Wear The Gold」はジャンクなバンドサウンドで今度はSlintと直で繋がってくるような不穏な曲になってます。The For Carnationは完全にそぎ落とされ整頓された音だったんで、この曲が最も中間って気がします。

 

Crain - Speed(1992)

80年代後期~90年代に掛けて活動していたルイヴィルのポストハードコアバンドで、メンバーのドリュー・ダニエルは後にビョークとの共演やIDMで知られるMatmosになります。全くの別ジャンルですが彼のルーツはここで、June of 44の最新作ではMatmosとしてマッケンタイアと共に作品に参加していて最初はなんでMatmos?と思ってたんですが、Rodanのメンバーとは高校時代からの付き合いでとくに中心人物であるジェフ・ミューラーとジェイソン・ノーブルとは同じバンドにいたこともあったようです。

でCrain、コンピレーション一枚で長らくCD化もされてなかったようですが、実験的要素が薄く代わりにバンドとしての楽器のぶつかり合いに特化したBastroと言った感じでしょうか。とにかくハードだし高速だしで、若干マスっぽい色もありめちゃくちゃスタイリッシュなポストハードコアを聞かせてくれますが超かっこいいです、この中では最もパンキッシュかも。そして名曲「Kneel」はまさしくルイヴィルとも言える緊張感全開の曲でSlintやJune of 44との共鳴を強く感じます。

 

The Telephon Man - The Telephone Man 1992-1994

Telephone Man : The Telephone Man 1992-1994 [CD]

90年代初頭にルイヴィルで活動してたポストロックバンドということですが当時カセットのみのリリースをまとめた編集版。Temporary Residenceという上記のCrainの再発もここのレーベルからなので非常にありがたいですね。

そして時期が92-94ということでもろSpiderlandからRodanのRustyが出る期間であり、当時メンバー間で交流があったかどうかは不明ですが音楽性ももろその辺と呼応したハードコア由来のスロウコア~スポークンワーズを乗せバーストしていくといういかにもなルイヴィルな音です。こちらは割とエモ寄りだったり静寂パートのないヘヴィなスロウコアという曲もあったり編集版だけあってバラエティに富んでます。音楽性のみでSlintから辿ってくならRodanやTelephon Man辺りが一番聞きやすいかも。

 

Evergreen - Evergreen(2003)

SlintのドラマーでありSpiderlandではDon Amanでボーカルとギターを担当したブリット・ウォルフォードが参加したルイヴィルのバンドで93年作。彼は同時期にThe Breedersにも参加してますね。ポストハードコアというよりはインディーロックやロックンロールという言葉を使いたくなるくらい聞きやすく、LastFMのタグではemoに分類されていて個人的にかなり好きなバンドです。純粋にパンクロックとして聞けるような熱とキャッチーさがありますが所々不協和音が混じる緊張感もあり、「Glass Highway」等スローテンポの曲ではその辺のバランス感が丁度いいです。

 

 

Tortoise

TORTOISE / Millions Now Living Will Never Die (LP) - FILE-UNDER RECORDS トータス、アルバム『TNT』全曲再現ライヴのフルセットライヴ映像64分を公開 - amass

シカゴ音響派を代表するバンドですが、ポストロックシーンを漁る上では欠かせないですね。上述の通りジョン・マッケンタイア、そして代表作でもある上記の2枚(Millions Now Living Will Never Die / TNT)ではSlintのデヴィッド・パホが参加。そしてTortoiseはシカゴのジャズシーンとも絡みがありまた広がっていくのですが、その辺についてはWITHOUT SOUNDSの記事が非常に参考になります。そもそもここでのバンドメンバーの繋がりやシーン自体を一個にまとめたいというインスピレーションの元の一つでもありますし、シカゴ音響派について何一つ知らなくてもその変遷や音楽性は読み物としても非常に楽しめると思うので是非とも。また同ブログ内でマッケンタイア参加のSea And Cakeについても特集あり(こちらも本当にオススメ)。

 

Aerial M / Papa M / Pajo

Aerial M – Aerial M (1997, Card Sleeve, CD) - Discogs Amazon Music - Pajoの1968 - Amazon.co.jp

SlintのギタリストでありTortoiseにも参加したデヴィッド・パホのソロで何度も名義を変えててややこしい・・・。Aerial Mではアメリカーナな弾き語りをひたすら音響派の衣で覆ったフォーキーな質感のポストロックと言えるものになっており、その後外郭を取っ払い内側を曝け出したであろうPajo名義のアルバムはもろにSSW的な作風へ回帰。打ち込み要素もあるアシッドフォークから純粋な弾き語りまであり、Aerial MはSlintのスロウコアな側面と呼応して聞ける部分もあるかも。

 

King Kong

  

そしてKing Kong、Slint結成時1stのベーシストだったイーサン・バックラーがTweezのアルビニ録音が気に入らず脱退、その後こちらをメインに活動していきます。ハードコア要素はほぼないので関連作としては微妙ですが、ダブ・レゲエを取り入れたインディーロックと言った感じでチープな録音やローファイな質感から黒さはあまりなく独特の緩い雰囲気があります。

 

Squirrel Bait

 

Slintのメンバーでギターとボーカルを担当していたブライアン・マクマハン、ドラマーのブリット・ウォルフォードがかつて在籍していたバンドで、Spiderlandを作る際はシカゴに移住し制作の中心となった二人なのでSlintのルーツとも言えるバンドです。もろハードコアですが、1st2ndと共にメロディック系の流れでも全然聴けるというか85年でこれは早すぎじゃね?てくらいギターは分厚いしメロディー強めだしで、割とこの路線だとGorilla Biscuitsとか元祖なイメージありますが近い感覚で聞けるかも。とにかく少年たちが突っ走ってる感があります。

そして驚きなのは他のメンバーで、なんと後のBastro~Gastr Del Solで有名なデヴィッド・グラブスがギターとして参加、というわけでバンドの音から想像することはできませんが後のSlint、そしてGastr Del SolTortoiseといったシカゴ音響派等、ポストロックの代表的バンドを辿っていくと最終的にここに行き着くという。ある意味ここで触れてるバンド群全てのルーツとも言えます。

 

Bastro - Sing The Troubled Beast / Diablo Guapo(2005)

Sing The Troubled Beast +Basto Diablo Guapo : Bastro | HMV&BOOKS online -  DC290

そしてBastro、先程のSquirrel Baitのギタリストであったデヴィッド・グラブスが結成したバンドで後にTortoiseやSea And Cakeで知られるジョン・マッケンタイアと合流。トリオとして以後発表された1989年〜1991年の2枚のアルバムのコンピレーションがこちらです。一応ポストハードコアになるんでしょうけど、DISCHORDとかの当時のハードコアと並べて聴いてもかなり異質…。

というよりまずジョン・マッケンタイアが本当にTortoiseと同一人物?と思ってしまう程ハードなドラムを叩いており、高速で繰り返されるギターリフとフレーズの塊とも言えるテクニカルなドラムの絡み合いは既にマスロック的な聞き方もできるかもしれません。そして混沌とも言えるジャンクなノイズギターがこんだけ乗ってるのにどこかスッキリとした音像で爆走してくのも意外と聞きやすく、ピアノメインの曲やノイズワークをメインとしたインスト等、この頃から既に実験的な要素もあります。

解散後フロントマンのデヴィッド・グラヴスはシカゴへ向かいGastr Del Solを開始、ジム・オルークと組んでマッケンタイアも度々合流するんですが、"ToritoiseやGaster Del Solのメンバーがかつて組んでいたハードコアバンド"では決して終わらせることができない実験性も伴った暗黒ノイズロック~ポストハードコアの大名盤。

 

Bastro - Antlers(2005)

Amazon | Antlers: Live 1991 | Bastro | 輸入盤 | 音楽

ライブ盤なんですがアルバム収録のない曲の集まりで凄まじいです。1曲目の「Antlers」からBastroらしからぬゆったりとしたスローペースの上、じわじわと不穏に迫ってくる感じはSlintやJune of 44等の他のルイヴィルのバンドとも共鳴してくるなと思い聞けるんですが、前作を想起する強烈なハードコアナンバーを挟み後半また化けます。「ライブ」というより各パートの絡みによる「音の実験」とも言えるような要素がかなり強く出てきますし、終盤2曲に関してはもうGastr Del Solの原型と言っても差し支えなくなっており、バンドサウンドに囚われずより表現の幅を広げるためにああなっていったんだろうなぁと。

 

Gastr Del Sol

Amazon | Upgrade & Afterlife | Gastr Del Sol | 輸入盤 | 音楽 CAMOUFLEUR (LP)/GASTR DEL SOL/ガスター・デル・ソル|ROCK / POPS /  INDIE|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

そしてこちら、デヴィッド・グラヴスがBastro以降に辿り着く先でジム・オルークと組みポストロックを代表するバンド。余りにも実験的でアンビエント的な効果音や空間に漂うサウンドが多く、ルイヴィルでも無ければハードコア要素も無いシカゴ音響派なので上記の作品群とは大分毛色が違いますが、Bastroのその後、そしてポストロックシーンを辿る場合非常に重要なバンドです。

 


関連記事

Slintと並び名前を挙げたRodanについて。共通項がめちゃくちゃあり、正直SlintよりRodanの方がとっつきやすいのではと思っているので是非とも。 

 

ジョン・マッケンタイア率いるTortoiseについてですが、バンドやシーンのことについては勿論、切り口も非常に面白く間違いないです。

 

 ざっくりとディスコグラフィを辿りたい方はこちら。

 

 参考資料にさせて頂いた30周年インタビュー。英語ですが各楽曲の解説など非常に濃厚です。

 


 

以上です。元々はRodanとJune of 44ってボーカル一緒だったの?というのを知り、調べてく内にSlintと同郷、そしてBasroが深く関わっていたり、メンバーが合流しTortoiseに繋がってきたり、Shipping Newsも元はRodanだったり・・・とどんどん点と点が繋がってくる感じが非常に面白くなってしまい、そのアーカイブを残しておきたいなぁという感じで書きました。ポストロックと言いつつかなり雑他になってしまいましたが、Slintっぽい音を求めて聞くのならRodan~June of 44周辺を聴くのが一番いいかもしれません。

 

そしてルイヴィルという地からどうしてここまで人脈が広がっていったのか・・・というのが非常に気になるとこですが、どうやらインディーバンド向けのハコが少なくシェアハウスなどで演奏していたため共通のメンバーが顔を合わせることが多かったようです。あとは80年代後期~90年代初頭のルイヴィルは大学にカレッジラジオが無かったこと、セッションミュージシャンが少なかったことから、外部地域の音楽性を取り入れることが少なく、Rodanのジェフ・ミューラー曰く「孤島にいるような感覚だった」とのこと。

それにより多数のバンドが派生~お互いに影響を受け合っていたのかなぁと思います。スティーヴ・アルビニがSlintとRodanについて「ルイヴィルという独特のバックグラウンドが無ければあの音楽性は生まれなかった」と言っていたのもそういった要素からかと。

 

以上でした。簡易ディスクガイド的な感覚で楽しんでもらえれば幸いです。