記録シリーズ:Rodan / June of 44

f:id:babylon5000:20210323182012j:plain

Rodan及びJune of 44、ケンタッキー州ルイヴィル出身のバンドです。一つの曲の中でスロウコアとハードコアを行き来するSlint直系のポストロックにしてJune of 44ではダブにも接近、解散後様々なバンドへと派生。Slintと並びまだポストロックという名もついていなかった頃、その原型とも言える音楽をやってました。後のTortoiseやGaster Del Sol等、シカゴ音響派も元を辿るとこのルイヴィルのシーンで繋がってきます。

そしてジャズやエレクトロニカの要素も強いシカゴ音響派と比べると、Rodanに関しては根本に「ハードコア」「オルタナ」というものが根付いたまま発展していきます。解散後の派生バンドもUSインディーやローファイと接点が多く、アメフト以降のキンセラ兄弟や先のシカゴ音響とはちょっと違った楽しみ方ができるかと。

 


 

Rodan - Rusty(1994)

Rodan - Rusty | DeLorean | Tiny Mix Tapes

Rodanが唯一残したオリジナルアルバムにして大名盤。1曲目の「Bible Silver Corner」からとても抒情的で美しいスロウコアから入り同じバンドとは思えないような程ハードコア色の強い「Shiner」へと展開。たった一枚で解散してしまいましたがこれがベストアルバムと呼ばれても遜色ないほど名曲しか入っておらず、最初2曲の要素が入り混じった切れ味の鋭い獰猛なハードコアと美しくエモーショナルな静 → 動の展開を流動的なアンサンブルで行き来し、徐々にギアを上げ爆発させていくという曲群に泣けます。

解散後フロントマンであるジェフ・ミューラーはJune of 44を結成、ベースのタラジェイン・オニールとドラムのケヴィン・コールタスはThe Sonora Pine、ギターのジェイソン・ノーブル、ピアニストのレイチェル・グライムスはRachel‘sへと派生。Slintの名盤SpiderlandとこのRustyはルイヴィルの元祖ポストロックシーンで最重要のアルバムでしょう。

 

June of 44 - Engine Takes to the Water(1995)

ENGINE TAKES TO THE WATER (COLOR VINYL) /JUNE OF 44/RSD DROPS  2020.08.29.|ROCK / POPS / INDIE|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

Rodan解散後ギターボーカルのジェフ・ミューラー、Codeineのダグ・シャリン、Hooverのフレッド・アースキン、この後Lungfishに加入するショーン・メドウズによる同時代ポストハードコア界隈のスーパーバンドに近いです。RodanのメンバーはJune of 44ともう一方The Sonora Pineに分かれるのですが、どちらも1stアルバムはまだRodanの作風に近く、Sonora PineはUSインディーやジャンクロックの色が強まっていったのに対し、June of 44はギターがより分厚く緊張感も増しハードコア寄りになってます。

録音もタイトに録られていてマスロックと称されることも多いのは大体この1stからなんじゃないかなぁと。直後にでたシングルの「The Anatomy of Sharks」ではより重く高速になっていて、同じくハードコア色の強かったDon Caballeroの1stとかとも並べて聞けるかと。

 

June of 44 - Tropics & Meridians(1996)

June Of 44 – Tropics And Meridians (1995, CD) - Discogs

そして2nd、こちらはドラムとベースが組み合わせりフレーズの塊としてループしていく感覚があり、テンポも遅めなので1stよりリズムで聞くバンドになってます。整頓されたタイトなアンサンブルの中でスポークンワーズ+シャウトとヘヴィなギターを載せていくという感じでしょうか。まさしく"スロウなハードコア"でしょう。Shellacのボブ・ウェストン録音でじわじわ迫ってくる緊張感とドラムの生々しい音が相変わらずすごいです。僕の中では2ndと3rdがいかにもJune of 44な作品だと思ってます。

 

June of 44 - Four Great Point(1998)

June Of 44 – Four Great Points (1997, CD) - Discogs

大名盤3rd。Rodan直系の美しい旋律を奏でる「Of Information & Belief」から始まり中盤から不穏なポストハードコアへ急変、一気にエッジの効いた展開を見せ、2曲目からベースリフを骨組みとしそこにリフのようなドラムが繰り返され2ndから更にリズム重視になり徐々にダブ化、アルバムが終わるころには全く別の作品のようになってます。自然とA面~B面で音楽性が見えてくる様は圧巻で、そのまま一周して1曲目に戻ってきた時点でベース音がかなり大きく録られてることに気づくという。

1st2ndはまだRodanを率いたジェフ・ミューラーのポストハードコア要素が強かったのに対し、3rdからは元Hooverであるフレッド・アースキン、元Codeineであるダグ・シャリンという後にHiMを結成するリズム隊の色が非常に強くなっています。Rodan組のハードコア要素とHiM組であるダブ要素が引っ張り合っている中間と言ったアルバムで、実験的なことをしつつも彼らのディスコグラフィで最も聞きやすいかと。

 

June of 44 - Anahata(1999)

June of 44 - In The Fishtank 6(1999)

 f:id:babylon5000:20210323184829p:plain

完全にHiM組の色に染まってしまったアルバムでバンド感強めのダブ~ポストロックという感じでしょうか。ハードコア色が薄いおかげで3rdとも違いますし、このアルバムだけにしかない完全なるオリジナリティを確立させてます。リミックス集に近い感覚かも・・・。

ボーカルも歌心強めでスクリーモ要素もないんですが、歌ものポストロックと呼べるほどメロディアスでもないこのバランス感覚、まさしく各々のバンドで培ったそれぞれの音楽性・・・の延長にある部分を絡み合わせ作っているというまさしく「ポスト」ロック的な作品だと思います。隙間の多い演奏からわかる各パートのミニマルな絡み合いによる浮遊感が非常に心地いいです。

Fishtankは専用スタジオを借りてEPを一枚作るという企画もののようですが完全に4thの延長線・・・そしてこちらのがバンド感強めなので3rdからの流れだと聞きやすいかも。

 

Rodan - Fifteen Quiet Years(2013)

Rodan - HAT FACTORY '93(2019)

f:id:babylon5000:20210323172407p:plain 

未公開音源集でFifteen Quiet Yearsは2013年、HAT FACTORY '93は2019年に発表されました。Fifteen Quiet Yearsは未収録曲+ライブ音源で、スタジオ盤ですら凄まじくライブ映えしそうなバンドなので間違いないです。「Darjeeling」など未公開曲を聞いてるとまだ80sハードコアの延長に聞こえる箇所が多々あり、これがセッションにより発展、肉付けされてってRustyになってったのかなぁとか考えてしまいます。

HAT FACTORY '93はRustyとほぼ曲目一緒ですがアウトテイクとは思えないほど完成されており、ギターの音はこちらのが暖かみがありより美しいRodanが聞けますし、「the Everyday World of Bodies」は全体的に音が分厚くなっていてポストロック感も増し増しに。

 

June of 44 - REVISIONIST: ADAPTATIONS & FUTURE HISTORIES IN THE TIME OF LOVE AND SURVIVAL(2020)

画像4

まさかの新譜。解散から20年経ってなので驚愕でしたが、その20年の間にジェフ・ミューラーはRoadn時代の盟友ジェイソン・ノーブルとShipping Newsで活動、ダグ・シャリンとフレッド・アースキンはお馴染みのHiMでアルバムを多数リリースと、それぞれキャリアを重ねた面々+ジョン・マッケンタイアとマトモスも参加という90年代のポストロック大御所オールスターのような布陣になってます。

で中身ですが4thのAnahataを更に推し進め、より音をスマートにそしてヘヴィにした感じでしょうか。元々がダブっぽいリミックスにも思えるアルバムだったのがこちらはバンドサウンド強めになっていて、B面では普通にハードコア色強い曲も戻ってきており熱くなります。マッケンタイアとマトモスによるリミックス二曲はバンド音源をサンプリングしたカオスなハードテクノに。

 

The Sonora Pine - The Sonora Pine(1996)

The Sonora Pine - II(1997)

Amazon | The Sonora Pine | Sonora Pine, the | 輸入盤 | 音楽 The Sonora Pine – II (1997, CD) - Discogs

Rodanから掘ってくにあたって重要なバンドでRodanでベース+女性ボーカルパートを担当していたタラジェイン・オニールとドラマーだったケヴィン、そしてJune of 44でギターを弾くショーン・メドウズによるバンド。1stはRodanと展開の仕方や構成が近く、ジャンクロック的なローファイな録音+タラジェイン・オニールの暖かみあるボーカルのおかげで全体的にふわっとしていて、スロウコアとしても聴けるようなミディアムテンポの中で曲がどんどん展開、バーストしていきます。

2ndではギターではなくヴァイオリンやオルガンをフィーチャーしより繊細なリズム隊を乗せるというまた別の作風になっており、1stと比べてこっちのがスロウコアと言えるかも。半分ポストロックに浸ったアート嗜好の強いスロウコア、という感じでしょうか。2000年以降SSWとして名を上げるタラジェインオニールのソロや、この密室感はSlint解散後にメンバーが結成したThe For Carnationともリンクするとこがあります。

 

Retsin - Egg Fusion(1996)

Retsin - Sweet Luck of Amaryllis(1998)

 

Rodan、The Sonora Pineでおなじみのタラジェイン・オニールによるまた別のバンドで90年代末期にやっていたので同時に活動していたようですが、Rodan一派によるマスロック~ポストロック的な作風ではなく純粋にいい歌にいい演奏が乗っている暖かみのあるインディーロックです。いかにもオルタナという感じで録音もインディーらしいローファイな質感が個人的に大好きなバンド。90年台中期頃のYo La Tengoとかと近い感覚で聞けるかも。

 

Shipping News - Three-Four(2003)

Shipping News - Files The Fields(2005)

画像4 画像3

Rodan~June of 44を率いたギターボーカルのジェフ・ミューラーの次のバンドで、彼の変遷を辿ってくうちに上記の周辺バンドを知っていきました。彼のルーツであるルイヴィルのハードコアを正面から掘り下げていったバンドです。

Rodan時代から交流の深い同郷Slintのじわじわと心臓をわしづかみにするような静寂と狂気を行き来する緊張感を受け継いでいて、彼らがやっていた「遅いハードコア」とでも言うような音の完成形が鳴っています。しかもSlintが出てきたときってそんなジャンル存在していなかったのでまさに先駆け、ジャンルの草分けとも言える存在でしたが、後に発展したベテラン達が集まってそれをやってるのでかなり洗練されてますね。

3rdのThree-Fourでは静から動の振り切り方が激しい同時代のポストロックの名盤だと思います。4thはジェフ・ミューラーの暗黒ポストハードコア趣味が最もポップに出てる作品かと。

 

Rachel's - The Sea and the Bells(1996)

Rachels's - Selenography(1999)

Amazon Music - Rachel'sのThe Sea and the Bells - Amazon.co.jp 

Rodanのメンバーであるギタリストのジェイソン・ノーブルがピアニストのレイチェル・グライムス、ヴァイオリニストのクリスチャン・フレデリクソンと共に結成した変則バンド。ジェイソンは今作ではギターを弾くというよりはマルチプレイヤーとしてプロデュースに近い形で関わります。基本はオルガン+管楽器をメインとしたポストクラシカルでまたちょっと違った方向からポストロックを広げており、とくにSelenographyはRodanのBible Silver Cornerと言った美しいスロウコアと近いものがありルーツが垣間見えます。作品ごとにメンバーが変わりシカゴ音響派とも絡みがありますね。

ちなみにRodan~June of 44のフロントマンであるジェフ・ミューラーとジェイソン・ノーブルは高校生の頃からの親友であり、Rachel'sとJune of 44に分かれた後も二人で連絡をとり曲を作っていたらしく、これが後にShipping Newsとなります。

 


以上です。Rodan以降、という括りで聞くのならこの辺を押さえておけば間違いないと思います。とくにJune of 44と同時進行でジェフ・ミューラーがShipping Newsを始めたことで彼の本来の音楽性がわかり、June of 44の後期がいかにリズム隊二人の音楽性に寄って行ったかがよくわかったり、タラジェインオニールのアート嗜好のインディーロックとも言える美的センスがRodanに溶け込んでいたこともよくわかります。

 

Rodan関連、として括るのならここで終了です。以下、June of 44後期の音楽性に影響を与えたリズム隊二人のバンドについてちょっとだけ掘り下げていきます。

 

 

Hoover - The Lurid Traversal of Route 7(1994)

Hoover - S/T(1998)

Amazon | Lurid Traversal of Route 7 | Hoover | ミュージック | 音楽 

Dischord発、ルイヴィルのバンドではなくメンバーもRodanとは被ってないのですが、こちらに在籍していたフレッド・アースキンがJune of 44では要とも言えるベースを弾いております。ハードコアですが金属的な不協和音と変拍子ギターリフの積み重ね+スクリーモという繰り返しが後のポストロックやマスロックに与えた影響は大きく、「Electrolux」辺りは完全に彼のベースリフ一本を核とし展開していくダブっぽい作風でJune of 44の3rdとかなりリンクしてきます。

98年のEPではハードコア色は強いまま更にダブ~レゲエ意識とも言える曲調になっていてシーン全体の潮流だったのかもしれません。

 

Abilene - Two Guns, Twin Arrows(2002)

Amazon Music - AbileneのTwo Guns, Twin Arrows - Amazon.co.jp

Hoover解散後、メンバーはいくつかのバンドに分かれるのですがその後にまた一部が再集結したバンドでベースは勿論フレッド・アースキン。Hooverの頃から彼のベースを主体としたダブ要素を推し進めた感があり、全編にわたってホーンも参加しジャズやダブ・レゲエに接近したポストロック化とJune of 44がハードコアからAnahata化した現象と同じことが起きてますが、こちらはHoover直系としてかなりヒリヒリとした緊張感があります。

 

HiM - Our Point Of Departure(2000)

Amazon Music - HIMのOur Point Of Departure - Amazon.co.jp

何度も触れてますがJune of 44でドラムを叩いていたダグ・シャリンによるソロプロジェクト。Anahataで見せた作風の延長線上にあり後期のJune of 44内で彼の音楽性がどんどん表に出てきてたことがよくわかる作風になっており、今作はフレッド・アースキンも参加。ジャズ色も出てきてAnahataの続編とも言える音を鳴らしてます。

 

Codeine - Frigid Stars(1991)

Codeine - The White Birch(1994)

FRIGID STARS LP (2LP+CD)/CODEINE|ROCK / POPS /  INDIE|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net Amazon | White Birch | Codeine | ヘヴィーメタル | 音楽

そしてCodeine、シアトルのバンドでRed House PaintersやLowと並んで90年代のスロウコアシーンを代表するバンドでそれらの中でも轟音要素がが強く後のモグワイがルーツとして挙げることが多いですね。まさしくスロウなハードコアとも言えるバンドで、Bastroとスプリットを出したりもしてます。

そして2nd「The White Birch」にJune of 44及び上記のHiMのダグ・シャリンがドラムで参加、実際1stと2ndでドラムが変わったことにより、作風自体は大きな変化はないにせよリズムへのアプローチの仕方というか聞き方が大分異なるアルバムです。というわけでRodan、Codeineというスロウコアシーンのメンバーが集まってよりヘヴィにその延長線をやってるというのが最初期のJune of 44というわけです。

 

 


 関連記事

上記で触れたShipping Newsについて全アルバム掘り下げたものです。Rodan~June of 44の系譜の最終なので続編としてどうぞ。

 

 


以上です。長くなりましたがこの辺でのRodan〜June of 44〜Shipping Newsの変遷を辿りながら周辺の音楽を漁るのがリスナーとして非常に楽しい時間だったので、その記録を残したいなぁ・・・というとこから書き始めたものでした。Slintを中心としたルイヴィルの潮流の中にあるので、どっかでSlintも絡めて書きたいなぁと思ってはいたんですが、それは機会があればいつか・・・。何か少しでもディグの参考になればと思います。

 

※書きました