朱莉TeenageRiot

棚,日記,備忘録

discography③ Slint以降のポストロック~ポストハードコア

discographyf:id:babylon5000:20210525145836j:plain

Slint以降、SlintやRodanなどあの辺のルイヴィルの影響を受けてそうなポストハードコア・・・というより、ポストロック~マスロックで個人的に好きな作品について書いてくだけの記事です。共通した空気感のあるものを8枚。


 

A Minor Forest - Inindependence(1998)

Amazon | Inindependence | A Minor Forest | 輸入盤 | 音楽

サンフランシスコ出身のバンドでメンバーは後にPinbackのツアーメンバーとしても参加したりシカゴ音響派である33.3で活動するポストロックシーンの重要バンド。スロウコアを基調にしながら静→動とハードコアパートに爆発させるSlint~June of 44などルイヴィルの血脈を感じさせるんですが、それら影響元と比べてもより長尺になってたりもしくは爆発パートがやりすぎなくらい爆発させてたりと、その後って感じのする極端なカオティックさが大好きなバンド。一応代表作は1stでこれ2ndなんですがこっちのが好きです。1stはもう少しスロウコア寄りなので確かに聞きやすいかも。

 

A Mionor Forest - ...So, Were They in Some Sort of Fight?(1998)

A Minor Forest – So, Were They In Some Sort Of Fight? (1999, CD) - Discogs

3rd?ていうよりはコンピレーションのようですが解散前のラスト作で、まぁ本当にごった煮でストック音源全部ぶち込んでやったみたいな勢いがありアルバムとしての統一感はゼロ・・・ですが「Cocktail Party」「Well Swayed」は1stと2ndで突き詰めたスロウコアからハードコア化していく、もしくはスロウなハードコアともとれる系列の完成形と言えるほど洗練されててめちゃくちゃかっこよく更に次に行ってしまったような気もします。と思いきや地下室で録りましたみたいなローファイなインディーロックっていうかデモ?や土臭いフォークロック~アコースティック路線、唐突にやってくる謎のディスコなど文脈をぶった切っていて、整合性は考えられておらずまさしく混沌。

 

Lowercase - All Destructive Urges... Seem So Perfect(1996)

All Destructive Urges...Seem So Perfect | lowercase

Slintの系列で語られることが多いですが個人的にちょっと毛色違うと思っていて、まぁSlint自体が色んな角度から聞けるバンドだからどうやって聞くかって人により違うんですけどね。スローテンポな曲の中で狂気が滲み出てくる・・・という点は重なるんですが、Slintのように静寂の中の繊細さや美しさと言った面は薄く(個人的にこの対比が重要)むしろ静パートですらジャンクな録音で塗りつぶされていて常に不穏で流れるように爆発してくのは静→動のポストロックではなくノイズロックという感じです。どっちにしろジャンクロック大好きなので大好物でした。

 

Lowercase - Kill The Lights(1997)

Kill The Lights | lowercase

前作の路線を推し進め相変わらずスローテンポですが、ノイズを引きずりながらもう少しメロディアスになっていて狂気をコントロールしてるようにも思える1曲目「She Takes Me」から凄まじい緊張感。がしかし意外とメロディアスなのがびっくりでこんだけ重いのに割と聞きやすく、僕は最初この曲をyoutubeで聞いてそのままbandcampでまとめ買いしちゃいました。基本的にミディアムテンポで不穏なリフを繰り返しながらボーカルが徐々に荒げてくってとこは一緒なんですが、前作はノイズパートではなくとも常に地下室で録ったようなガレージ感があったのに対し今回はかなりスマートな録音になっていて前よりは聞きやすいかと。「Neurasthenia」に関しては途中から音を減らし闇に潜っていくのでこれが次作に繋がります。ちなみに1st2nd共にジャンクロック名家Amphetamine Reptile Recordsからのリリース。

 

Lowercase - The Going Away Present(1998)

Lowercase – The Going Away Present (1999, CD) - Discogs

そして3rd、より音数を絞って隙間のあるアンサンブルを見せるようになり、長尺で凝った曲も増えてきてSlintと比べるのならこっちですね。開幕「Floodlit」からギターの音色もボーカルもより抒情的になってスロウコア~フォークロック的な風情を漂わせてるんですが、後半絶妙に爆発"させきらない"加減で攻めてくる曲でやはり不穏なLowercase節を垣間見せてきます。「The Going Away Present」に関しては今までになかったポップさがありくたびれたインディーロックみたいになってるし、最後の「Thistrainwillnotstop」とかはSpiderland以降のイフのSlintとして聞けるかもというくらい近い曲で、ノイズ要素を捨てなかったThe For Carnationみたいな雰囲気があります。残念ながら最終作でこのあと解散。

 

90 Day Men - 1975-1977-1998 EP(1998)

1975-1977-1998 | 90 Day Men

ポストロックの文脈でも語られる90 Day Menの初期EPにしてマスロック寄りポストハードコアに歌を乗せた・・・というJune of 44好きとして個人的に間違いないやつです。ささくれだったギター音とマスロックを想起させるリフを断片的に見せつつも、マスロック程キメや展開を重視せずに真っ当にポストハードコアをやってるという感じで、変幻自在に動く鋭角リフの中で進行していくのがめちゃくちゃスタイリッシュです。そしてB面では後のフルアルバムで見せる実験性も見せてきたり一度音をそぎ落として静→動への爆発というストレートに熱いのもやっていて90 Day Menのアルバムの中では最も聞きやすいかも。

 

90 Day Men - (It (Is) It) Critical Band(2000)

90 Day Men – (It (Is) It) Critical Band (2000, Vinyl) - Discogs

大好きなバンドの大好きなアルバム。先ほどに続きこちら1stフルでSouthern Recordsよりデビュー、KarateやJoan of Arc、Sweep the Leg Johnnyなどの近いフィーリングのバンドが多数在籍していたとこで間違いないですね。まだハードコアの延長・・・て感じが強かったEPからもう少し進み、予測不能の曲展開、ジャズ色もあり後半のインプロのような展開はDon CaballeroやRumah Sakitと言ったマス~ポストロックの枠にも入れるようにもなってます。あとKing Crimsonの暗黒の世界とかにも通じる部分があると思います。

が、やはりピッチフォークや海外wikiではSlintやJune of 44と比較されていることからそう言った要素も強く「Dialed In」「Jupiter and Io」では不穏に渦巻いていくセッションの中でスポークンワーズが乗り影響を感じずにはいられません。あと「Missouri Kids Cuss」もポストロックから最終的にはノイズで塗りつぶしていくというカタルシスがありオルタナ色も強く、個人的に彼らの・・・というよりポストロックの中でもかなり好きなアルバムですね。

 

90 Day Men - To Everybody(2002)

Amazon | To Everybody | 90 Day Men | 輸入盤 | 音楽

1曲目から前作の作風とまるで違い、オルガンを全面に押し出して不穏で壮大な世界観が広がっていきますが、ドラムやギターの生音感から密室で聞いている感触もありこの相反した音響へのこだわりがいかにもポストロックという気がしてかなり良いです。全体的に今までの色も見せつつじわじわとスローテンポで迫ってくる曲が多く、クラシックに影響を受けたとのことでオルガンがメインになりより不穏な緊張感が増してますしちょっと耽美な質感も出てきてより実験的に聞こえます、ゴスとかとも近い距離感かも。てことでハードコア的な鋭角リフは身を潜め完全に内側にエネルギーが向かって宇渦を巻いてる作品。それこそ海外レビューではSpiderlandと引き合いに出されてましたがこちらはもう完全に独自の世界観ですね。

 


 

 


関連記事

発端となったシーンについて。本当にこのシーン周辺が好きです・・・。